ここから本文です

ベネズエラ大統領、新憲法巡り国民投票実施へ 時期は未定

6/2(金) 13:32配信

ロイター

[カラカス 1日 ロイター] - ベネズエラのマドゥロ大統領は1日、自身が提案する新憲法制定の是非を問う国民投票を実施すると明らかにした。時期には言及しなかった。

大統領は先月、政府への抗議が2カ月続く状態を打開するには新憲法が必要だとして、制憲会議の招集を発議。これを受け、野党だけでなく政権内からも、憲法改正のための制憲会議の招集は民主主義に反すると批判する声が上がっていた。

制憲会議は憲法改正や公的権力の停止、選挙実施などの権限を持ち、1999年に当時のチャベス政権の下で開催されたことがある。

オルテガ検事総長は先に、国民投票を経ずに制憲会議を発足させることは民主主義を抹殺する恐れがあると警告していた。

マドゥロ大統領は1日、国営テレビで「私は、新憲法を国民投票にかけ、国民の賛否を問うことを明確にする」と語った。

現時点で野党は反応を示していない。

最終更新:6/2(金) 13:36
ロイター