ここから本文です

松本パルコ近くにカフェ「コートヤード」 フレンチトーストはデニッシュで /長野

6/2(金) 17:46配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松本パルコ近くに4月21日、カフェ「the COURTYARD(コートヤード) by Mag」(松本市中央2、TEL 0263-50-9577)がオープンした。(松本経済新聞)

デニッシュで作るフレンチトースト

 店舗面積は約56坪、席数はテーブル、ソファ、個室合わせて60席。2015年9月に中町にオープンした「NAKAMACHI CAFE」の2号店で、運営はスマイラル・カンパニー(中央3)。コンセプトは「夜も楽しめるカフェ」。同社の永野崇社長は「昼はカフェ、夜はお酒と食事や、飲んだ後にコーヒーやスイーツを楽しむこともできる」と話す。

 名物は、デニッシュで作るフレンチトースト。「カナダメープル」(850円)、「ミックスベリー」(900円)のほか、食事系の「ベーコン&エッグ」(1,000円)など8種類を用意する。夜は、「アルプスポテトサラダ」「バッファローチキンウイング」(以上600円)、「信州福味鶏の香草ロースト」(1,400円)などのほか、「たっぷり野菜の香草パスタ」、「COURTYARDロールずし(以上900円)、「シラスと甘長とうがらしのピッツァ」(1,000円)などの食事メニューも充実。ランチメニュー(14時まで)は、「アボカド&ネギトロ丼」(900円)をはじめ、パスタやプレートセットなど5種類を提供する。

 ドリンクは、ビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワイン、カクテルなど幅広く取りそろえる。イタリア、フランス、スペイン産のビオワイン(ボトル=3,300円)や、見た目も華やかなオリジナルカクテル(580円~)も。「NAKAMACHI CAFE」同様、豆にこだわったコーヒーのほか、世界各地のハーブティー(600円)も用意する。

 昨年9月に閉店したセレクトショップ「Transform-Works3(トランスフォームワークス3)」跡で、通りに面した側には生花店「Hanaya Yuzuka(ゆずか)」も同日オープン。同じビルの2階~4階は「Mag」が展開する美容室やアイラッシュ専門店で、「サロン、飲食店、花が一つの場所でそろうので、結婚式などにも利用できる複合施設として位置付けている」と永野さん。「Mag」オーナースタイリストの松澤知良さんと「いつかこういう場所をつくりたい」と話していたことが実現したという。

 「食べ物は同じだと飽きてしまうが、同じ人と話をしていても飽きることはない。主役はお客さま。自分たちはあくまで2番手だが、その中の1番になりたい」と永野さん。「地元の人たちが、『松本にこんなカフェができたよ』と友達を連れてきたくなるような店になれば」とも。

 営業時間は11時~24時(日曜は10時~20時)。木曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク