ここから本文です

ドバイに「リアル・ロボコップ」登場、顔認証などの捜査も可能

6/2(金) 13:45配信

ロイター

[ドバイ 1日 ロイター] - 中東ドバイでロボット警察官がお目見えした。単なるPR用のおもちゃではなく、不審物を発見したり、顔認証システムで容疑者を発見することができるなど、ちゃんと「捜査」もできる。

当局は2030年までにパトロール警官の25%をロボットにしたい考え。

この「ロボコップ」は病欠もしなければ代休もいらない。握手や敬礼もする上、いくつかジョークも言える。

ロボコップに事件発生を伝えると、その内容は警察署に伝えられる。また、顔認証技術で通行人の顔と、警察のデータベースにある容疑者の顔を比較することも可能だという。

最終更新:6/2(金) 13:45
ロイター