ここから本文です

財政健全化へ、債務残高対GDP比を併記 骨太方針の素案

6/2(金) 18:13配信

ロイター

[東京 2日 ロイター] - 政府は2日、経済財政諮問会議(議長、安倍晋三首相)を開き、経済財政運営の指針「骨太方針」の素案を議論した。素案では、財政健全化目標について、2020年度までの基礎的財政収支(PB)黒字化に加え、「同時に債務残高対GDP比の安定的な引き下げをめざす」と併記した。

これまでの表現を修正し、債務対GDP比の重要性を強調した。

骨太方針は週明けに与党との調整に入り、6月9日に閣議決定する。財政健全化を巡っては、昨年の骨太方針で「2020年度までのPB黒字化、その後の債務対GDP比の安定的な引き下げをめざす」としていた。

今回、「同時に」との文言に置き換えたことについて、内閣府幹部は「財政健全化目標の位置づけは何も変わっていない」とする一方、「債務対GDP比の重要性をより明確にした」と説明した。

ただ、債務対GDP比はこれまで上昇を続けている。内閣府によると、比較可能な2002年─15年では、116.9%から186.0%まで悪化。政府内には「PBよりも難しい目標を前面に出す結果となった」との指摘もある。

骨太方針ではこのほか、幼児教育・保育の早期無償化や待機児童の解消に向け、年内に財源に関する結論を出す方針も示された。自民党で検討している「こども保険」を念頭に、「新たな社会保険方式の活用」を含め、財源を模索する。

教員の勤務実態を踏まえ、長時間勤務の状況を是正しつつ、年末までに緊急対策を取りまとめることも盛り込んだ。

*内容を追加しました。

(梅川崇 編集:吉瀬邦彦)

最終更新:6/11(日) 19:39
ロイター