ここから本文です

「美女と野獣」日本での興行収入100億突破!エマ・ワトソンから祝福コメント

6/2(金) 17:00配信

映画ナタリー

実写映画「美女と野獣」の日本での興行収入が100億円を突破。主演を務めたエマ・ワトソン、日本語吹替版キャストである昆夏美と山崎育三郎のコメントが到着した。

【写真】「美女と野獣」(他8枚)

ワトソンは「夏美さんと育三郎さんにロンドンで会えてよかったです。日本語吹替版の成功おめでとうございます」と日本でのヒットを祝福。昆は「興行収入100億突破……! 本当にたくさんの方にご覧いただいていることに嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。この『愛の物語』を通して皆さんの心が温かくなって頂けていたら幸せです」と、山崎は「プレミアム吹替版の野獣役として、この作品に携われたことを光栄に思います。これだけ多くの方に映画『美女と野獣』を観て頂けたことを心から嬉しく思います。作品を愛し、劇場に足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と述べている。

全国公開中の「美女と野獣」は、ワトソン演じる主人公のベルとダン・スティーヴンス演じる野獣が惹かれ合っていくさまを、数々のミュージカルナンバーとともに描いた作品。「ドリームガールズ」のビル・コンドンがメガホンを取った。



(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:6/2(金) 17:00
映画ナタリー