ここから本文です

花田虎上、あの“眼病”だった 手術勧められ…

6/2(金) 19:35配信

デイリースポーツ

 元横綱若乃花ことタレントの花田虎上(46)が、2日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」で、逆さまつげのため「目が見えなくなる」と手術を勧められていたことを打ち明けた。

【写真】花田虎上、母・藤田紀子を「ニューヨークに行くな」と止めていた

 花田は「僕、逆さまつげなんですよ。現役の頃からなんですけど、まつげが(目の)奥まで入ってしまって」と説明。

 医師からは「将来、目が見えなくなるから、手術をしなさい」と、失明の危機が待ち受けているため手術を勧められたという。

 花田は現役時代には手術が受けられず、「まつげパーマとかビューラー」で逆さまつげに対応していたことを明かしていた。

 番組では花田が手術を受けた場合のシミュレーション画像も紹介されたが、まつげが外側に向いた乙女チックな目になっていたため、花田は「これで歩いてたらずっと笑われますよ…」と苦笑していた。