ここから本文です

ICTの格安SIM市場動向調査 シェアトップは「楽天モバイル」

6/2(金) 19:29配信

ITmedia Mobile

 ICT総研は、6月2日に「2017年 MVNO格安SIMの市場動向調査」の結果を発表した。インターネットユーザー1万703人に対するWebアンケートのうち、格安SIMユーザー1024人の回答を元にしている。

【「格安SIM」利用者満足度】

 格安SIMの利用者シェアトップは「楽天モバイル」(20.9%)で、次いで「OCN モバイル ONE」(13.1%)、「mineo」(12.8%)、「IIJmio」(11.2%)、「UQ mobile」(7.6%)と続く。上位5社の合計は65.6%となり、後発の事業者がシェアを伸ばす結果となった。

 格安SIM利用者に対して10項目の満足度について聞き、満足度ポイントを100点満点で換算したところ「コストパフォーマンスの高さ」「最適な料金プランの有無」といった料金面への満足度ポイントが相対的に高い数値となった。今回は2項目とも「mineo」がトップだった。

 一方、MVNOにとって弱点とされている「データ通信の品質・安定性」では「BIGLOBE SIM」、「データ通信の速度」では「UQ mobile」、「コールセンターのつながりやすさ」では「mineo」が満足度トップ。「契約手続きのしやすさ」「開通までの待機時間の長さ」では「FREETEL SIM」、「初期設定のしやすさ」「事業者に対する信頼性」では「IIJmio」の満足度が高くなっている。

 モバイル契約数全体に占めるMVNO契約の比率は9%程度で、1年前と比べると約2%増加。ICT総研では格安SIMの契約数が2017年末に20.9%増の990万契約まで拡大すると見込んでおり、MVNOサービスの市場はまだまだ普及拡大期にあるとしている。

最終更新:6/2(金) 19:29
ITmedia Mobile