ここから本文です

「TORQUE G03」があればアクションカメラはもういらない? 最新タフネススマホをじっくりチェック

6/2(金) 20:21配信

ITmedia Mobile

 KDDIは5月31日、「TORQUE」シリーズの新モデル「G03」を発表。6月下旬以降に発売する予定だ。同機は4.6型のタッチディスプレイを搭載するタフネススマホ。米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)の19項目と、京セラ独自の耐久試験2項目、そして高さ1.8mからの落下試験をクリアする。本記事では、ファーストインプレッションを交え、同機の詳細を紹介したい。

【表のカバーも外れる】

 前モデル「TORQUE G02」は画面サイズが約4.7型だったが、本機は約4.6型のHD(720×1280ピクセル)にサイズダウン。本体サイズもG02では72(幅)×147(高さ)×14.2(奥行き)mmだったが、G03では71(幅)×145(高さ)×13.6(奥行き)mm、とややコンパクトになった。

 ディスプレイには、強化ガラス「Dragontrail X」と、耐擦傷性のあるアクリルスクリーンを組み合わせる「ハイブリッドシールド構造」を採用。従来以上にガラス割れを防止する。また、ボディーの4隅にはコーナーバンパーを配置し、より頑丈になった。G02にはない「1.8mからの鉄板・コンクリートへの落下試験クリア」という耐久性も加わった。

 キーの構成は基本的にG02から踏襲しているが、新たに右側面の電源キーに指紋センサーが搭載された。また、シャッターキーの形状も円形に改良され、より押しやすくなっている。背面には滑りにくいテクスチャー加工も施され、撮影をするのに横向きに持った際の安定感も向上した。

 ダイレクトボタンは、初期状態だとライトの起動が割り当てられている。これは「設定」アプリの「ダイレクトボタン」から変更が可能。「Googleアシスタント」の起動や、任意アプリの起動、着信中の応答、水中モードのオン・オフ(カメラ使用時)などの操作を割り当てられる。

 手がぬれた状態や、グローブを装着した状態でもタッチ操作できる機能も踏襲。グローブ操作については、特別な設定を必要としない仕様に改良されている。

●前面と背面のパネルは取り外し可能

 TORQUE G03の前面下部(スピーカー部分)と、背面のパネルはネジで固定されており、落下時にパネルが外れることを防ぐ。また、同梱される小さな「六角レンチ」と「ねじ回し」を用いてパネルを取り外せる仕様になっている。

 TORQUE G03は「防水」「耐海水性」「塩水耐久性」をサポートし、海でも使用可能だが、海水中で使用した後には塩分が結晶化しやすい。その際に洗浄できるよう、パネルを取り外せるようにした。

●アクションカメラとして使える機能

 背面には2種類のカメラを搭載する。約1300万画素のアウトカメラと、約200万画素で広角幅135度のスーパーワイドアクションカメラだ。2つのカメラは、カメラアプリを起動中に画面上のボタンをタップすることで切り替えられる。

 また、撮影モードで「Action Overlay(アクション オーバーレイ)」を選択すれば、センサーで取得した情報を撮影画面に重ねて表示可能だ。例えば、自転車に乗っている際にマウントで固定したG03で動画を撮影する。その映像には、「時速」や「G-force(かかっている衝撃)」「高度」「移動距離」などが表示される。

 展示スタッフの説明によれば、こうした機能を単体で利用できるアクションカメラは存在せず、スマホ単体で測定できることは汎用(はんよう)性の点で優れているとのこと。例えば「G-force」の測定は、自転車競技のコース特性を分析するのに非常に便利であり、プロ競技者も活用できるほどの潜在的価値を秘めている。

 アウトドア向けのアプリをまとめた「OUTDOOR PORTAL」には、新たに日の出日の入りを調べられる「SUN & MOON」、セーリングに活用できる「Sailor's Log」、釣った魚を記録できる「Fishing Log」、スキー場の情報検索が行える「スキー場情報SNOW」が追加された。

 ホーム画面を左から右へスワイプすると、「Your Activity」画面が表示される。この画面には「OUTDOOR PORTAL」のアプリウィジェットが並び、競技ごとに必要な情報、あるいは自身がカスタマイズした情報を手早くチェックできる。

 また、「読み上げ通知」を設定しておくことで、定刻時や、気圧変化などの条件を感知した際に音声で知らせてくれる。ディスプレイ下部のフロントデュアルスピーカーでは、100dBを超える大音量が出せるため、屋外でも聞き逃しづらい。

 TORQUE G03はTORQUEシリーズの丈夫さを踏襲した上で、使い勝手を改良し、遊び心のあるアクションカメラ機能も追加された。完成度は非常に高く、幅広いシーンで活躍が期待される。

最終更新:6/2(金) 20:21
ITmedia Mobile