ここから本文です

大阪市が初のヘイトスピーチ認定 ネット上の動画の内容・投稿者名を公表

6/2(金) 20:35配信

ねとらぼ

 大阪市は6月1日、動画投稿サイトで公開されていた3件の動画をヘイトスピーチと認定し、投稿者名を含む内容を公表した。昨年7月からの「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」全面施行後、初の認定・開示となる。

【画像】大阪市

 動画はそれぞれ大阪市内の数カ所で行われたデモ活動・街宣活動を記録したもの。同市のヘイトスピーチ審査会は、在日韓国人や朝鮮人に対する差別的な発言が繰り返されるその内容と、不特定多数が視聴できる状態に置いていた行為がヘイトスピーチに該当するとした。

 また同市は不適切なものとしつつ、ヘイトスピーチの問題に関する理解や意識を高め、抑止につなげるためとして当該動画内の発言も公表。「ゴキブリ」や「害悪朝鮮人」といった表現に「殺せ」などの言葉が繰り返されていたとしている。

 投稿者名はハンドルネームを公表。動画サイトの投稿者や視聴者の間では通称としてこの名前が機能しているとし、判明していない氏名に準ずるものと説明している。

 同市はこれらヘイトスピーチが社会問題化しているとして、今後も「人権を尊重し、誰もが互いの文化を認め合い、自分らしく生きることのできる多文化共生社会の実現をめざしてまいります」と積極的な啓発活動に取り組むとしている。

最終更新:6/2(金) 20:35
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ