ここから本文です

藤井聡太四段 公式戦初の千日手で指し直しも勝利 連勝記録を20に

6/2(金) 20:32配信

デイリースポーツ

 史上最年少デビュー以降、公式戦19連勝中の藤井聡太四段(14)が2日、大阪市の関西将棋会館で行われた棋王戦予選決勝で澤田真吾六段(25)と対局し、指し直し局で勝利した。この日は千日手が成立し、指し直しとなっていた。藤井四段は連勝記録を「20」に伸ばし、有吉道夫九段(81)と並ぶ歴代6位タイとなった。

 藤井四段にとって、公式戦初となる、千日手での指し直しとなった。午前10時から始まった対局は振り駒の結果、藤井四段が後手番。11時28分、61手で千日手が成立し、指し直しが決まった。昼食休憩を挟んで午後から、先手後手を入れ替えての指し直し局となった。千日手は、同一局面が4回現れること。進展が期待できないことから、将棋の規定では指し直しとなっている。

 藤井四段は、この日の勝利で棋王戦でも挑戦者決定トーナメント入りすることが決まった。

 次回は7日に上州YAMADAチャレンジ杯で都成竜馬四段(27)と対局する。7日は、トーナメント戦を勝ち進めば最大で1日3局行うため、歴代連勝記録で羽生善治三冠の持つ最多連勝記録の22連勝を上回る可能性もある。