ここから本文です

杉良太郎、矯正支援官の石田純一を「尊い心を持っている方」

6/2(金) 15:33配信

スポーツ報知

 歌手で俳優の杉良太郎(72)が2日、東京・北の丸公園の科学技術館で開幕した全国刑務所作業製品展示即売会(第59回全国矯正展)を視察した。

 法務省特別矯正監として「受刑者の中で更生しよう、必ず社会に出て立ち直るんだ、という人もいますが、残念ながらごくごくわずかです。どうしても途中で心が折れてしまう。再犯を防止することはなかなか大変なこと」と指摘。犯罪被害者支援に向けて「被害者の方々は被害を受けたら一生そのまま。仕事も結婚もできずに亡くなる方もいる。加害者は、刑期を終えて、外に出てきてマジメにやろうとすれば、働くこともできるし、人生のやり直しがきく。被害者の方々に(もっと)心を寄せていかないといけない。被害者に寄り添っていきたいと思う」と力強く語った。

 矯正支援官の石田純一(63)には「尊い心を持っている方。石田さんはそんなイメージではなく、もう少し浮いた感じのイメージがあるかもしれない。この方は、厚生労働省の肝炎サポーターもしている。石田さんを見直す機会です」と感謝。同じくコロッケ(57)にも「マジメに社会貢献に取り組んでいる。警視庁のオレオレ詐欺撲滅の先頭に立ち、110番の顔になりました。熊本地震の際も、社会貢献をやっていただいた。『杉は福祉家だ』と言われますが、もう私の時代じゃなくコロッケの時代」と最大級の賛辞を贈った。

 安倍晋三首相(62)が視察に訪れ、杉が出迎えた。巾着や靴、野菜など419種類(計約5万点)が出品された。

最終更新:6/2(金) 15:43
スポーツ報知