ここから本文です

防弾少年団、吉本新喜劇にゲスト出演!“ズッコケ芸”も披露

6/2(金) 15:47配信

スポーツ報知

 韓国の7人組ヒップホップグループ「防弾少年団」が2日、大阪・中央区のなんばグランド花月で吉本新喜劇にゲスト出演した。

 チンピラに絡まれて拳銃を向けられた出演者が「こんな防弾チョッキでもあればなあ」とつぶやいたところで、7人そろって登場。会場は出演者の声がかき消されるほどの黄色い歓声に包まれた。チンピラが発砲した銃弾を両手でつかんだり、足でけったり、お盆ではね返したりと、グループ名にちなんでそれぞれが「防弾」してみせた。

 その後、チンピラを追い返したお礼にと、座長のすっちー(45)の女装キャラ・すち子がメンバーそれぞれに好きな食べ物を注文するよう聞いた上で「カレーライス7丁!」というお決まりの展開で、一斉に“ズッコケ芸”を披露して満員の観客を沸かせた。さらにすち子から「ちょっと踊ってくれない?」とふられると、曲に合わせてダンスを披露。若い女性の多かった劇場は、コンサートのようにうちわやペンライトが振られた。

 終演後に取材に応じ、リーダーのラップモンスター(22)は「ギャグとかは韓国にはない。いい経験ができました」と笑顔。すち子と吉田裕(38)による鉄板ネタ「乳首ドリル」にメンバーは大笑い。「そんなギャグ、僕は本当に好きです。教えて下さい!」とノリノリのV(21)に、すっちーは「ぜひライブでもやっていただきたい」とリクエスト。また、メンバーの“ズッコケ芸”の出来について「すばらしい。新喜劇でも若干、手を抜いている若手がいるのに。100点あげましょう!」と太鼓判を押した。この模様は7月8日のMBSテレビ「よしもと新喜劇」(土曜・後0時54分)で放送される。

 「防弾少年団」のレコード会社移籍第1弾シングル「血、汗、涙」は5月10日の発売初週に23・9万枚を売り上げるなど、現在までに35万枚の大ヒット。5月30日からは全国6か所でツアーが始まっているが、大阪城ホール3日間を満員にするなどチケットはほぼ完売している。

最終更新:6/2(金) 19:04
スポーツ報知