ここから本文です

サイモン猪木氏らがIGF存続願う署名活動、A猪木氏の「整理する」発言に反応

6/2(金) 22:52配信

デイリースポーツ

 「プロレス・NEW」(2日、後楽園ホール)

 NEWを開催するIGFのサイモン猪木取締役(43)らが会場内でIGF存続を願う署名活動を行った。先日、IGF創始者のアントニオ猪木氏が、自身が携わる格闘技イベント「ISM」開催発表会見時に、「IGFは整理する」と発言したことに対して「理不尽な話を受け入れることはできない」と、行動を始めた。

 署名は、タイトルが急きょ「整理されるのか、続行出来るのか」と改められた今シリーズ期間中に集められ、猪木氏と株主に届けるという。IGF関係者は「(署名の)数ではなく思いを届けたい」と悲壮な決意を口にした。

 また、サイモン取締役は大会開始時のあいさつで「まさか、IGFの代表である猪木さんからそんな言葉があるとは思ってもいなかったです。言えるのは、NEWは今後も頑張って行きますので、みなさまもご声援よろしくお願いします。選手は猪木イズムを背負って、精いっぱい頑張っていきますので、力のあるすごいプロレスを見せて行きます」とファンに訴えた。