ここから本文です

【安田記念・田中歩の馬と歩もう】ロゴタイプの連覇に期待!父・田中剛調教師が成長に太鼓判

6/4(日) 12:03配信

スポーツ報知

◆第67回安田記念・G1(芝1600メートル、4日・東京競馬場)

 皆さんこんにちは! 今週の安田記念は昨年ロゴタイプが3年2か月ぶりに勝利した想い出深いレース。あの日、携わる関係者の皆様の喜びに私もうれしくて涙したことや、普段何かにぶつかった時にそのレース映像を見るのですが、自然と元気になるし、励まされる。私にとって一生忘れられない出来事です。

 さて、連覇がかかる今年は、相手もがらりと一変。ですが、ロゴタイプも7歳でやっと本格化してきたと、担当厩務員さんも父も口をそろえます。今週の最終追い切り後、厩舎に行くとすっかり息も戻り、カイバをモリモリ食べていたロゴタイプに会えました。けがが心配されていた田辺騎手も「レース前に一度乗っておきたかったし、大きなアクションなく動け、リズムよくストライドも大きい」と満足そう。

 今回は休み明けの一戦ですが、帰厩後は「レースを一度使ったぶんの負荷をかけた調教に変え、特に常歩(なみあし)が良くなり、体幹とインナーマッスルも引き締まった。さらに進化している」と付きっきりで調教をしてきた父も状態の良さを話してくれました。馬体も本当にピカピカ。以前はやんちゃな面もありましたが、すっかり落ち着きベテランさん。心の中ではとにかく無事にゴールをという想いですが、連覇に期待して、本命にします!

 対抗はダービージョッキーとなったクリストフ・ルメール騎手で、読売マイラーズC勝利と勢いのあるイスラボニータ。瞬発力も強化され、器用な面もプラスになるでしょう。3番手にはレッドファルクス。充実ぶりが著しく、最終追い切りも一番時計。マイル適性という課題をクリアすれば好勝負になりそうです。(フリーアナウンサー)

 【田中歩アナの印】

◎(16)ロゴタイプ

○(15)イスラボニータ

▲(6)レッドファルクス

★(8)エアスピネル

△(18)ステファノス

△(11)ブラックスピネル

△(12)ビューティーオンリー

△(4)アンビシャス

 ◆田中 歩(たなか・あゆみ) 茨城県生まれ。大学卒業後、客室乗務員を経て、フリーアナウンサーに転身。現在、南関東地方競馬チャンネルのキャスターとして出演中。父は美浦の田中剛調教師。

最終更新:6/4(日) 12:22
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ