ここから本文です

【全仏テニス】ナダル、31歳誕生日を前に「とても高いレベルのプレーができた」

6/2(金) 23:58配信

スポーツ報知

◆テニス4大大会第2戦 全仏オープン第6日 ▽男子シングルス3回戦ラファエル・ナダル3(6―0、6―1、6―0)0ニコロズ・バシラシビリ(2日・パリ、ローランギャロス)

 10度目の優勝を狙うナダルがバシラシビリを90分で、1ゲームしか落とさず退けた。31歳の誕生日前日を勝利で飾り、「とても高いレベルのプレーができた。明日は特別な日になるね」と喜んだ。5セットマッチで行われるクレーでの100試合目で、勝率は98勝2敗(09年4回戦、15年準々決勝)の驚異的な数字に到達した。

 試合終盤で小雨がパラつき、雷が鳴っても、ナダルが失速することはなかった。序盤からサービスゲームで失ったポイントは、わずか12で、全仏での失ゲーム数1は、12年4回戦J・モナコ(アルゼンチン)戦の2を下回り自身最少に。「このスコアで他の選手にも勝ったことがあるし、何か言うことはない。よく決定打を打つことができたし、ほとんどミスがなかった。いいプレーだった」と話した。

 サッカー好きの赤土王は、3日夜に行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝について言及。「ユベントスは今大会で3失点しかしていないと思う。崩すのは難しい。Rマドリードは先に得点することが大事になるね」と予想した。

最終更新:6/3(土) 5:43
スポーツ報知