ここから本文です

山崎育三郎、ドラマ初主演は「大きな挑戦」 新たな毒舌ヒーロー誕生の予感

6/2(金) 5:00配信

オリコン

 ミュージカル界のトップスター・山崎育三郎が、7月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『あいの結婚相談所』(毎週金曜 後11:15~深0:15※ 一部地域で放送時間が異なる)でドラマ初主演を務めることがわかった。2010年6月~16年にかけて『ビッグコミックオリジナル増刊号』(小学館)で連載された原作・矢樹純氏、作画・加藤山羊氏の同名コミックを映像化。“成婚率100%”の結婚相談所所長、藍野真伍を演じる山崎は「この作品は大きな『挑戦』です。今までにない、日本の新しいドラマの誕生を楽しみにしていてください」と意気込む。

【画像】金曜ナイトドラマは『不機嫌な果実』以来の高梨臨

 「金曜ナイトドラマ」枠史上初の“結婚”ドラマが登場。「生涯未婚率」(50歳まで一度も結婚したことがない人の割合)が過去最高を記録(2017年4月発表)する中、「愛とは? という普遍的なテーマに、チャレンジングな切り口」(竹園元プロデューサー)で挑む本作。入会金200万円、成婚率100%の結婚相談所が“あらゆる手段”を用いて依頼者の願いを成就させる。「愛の成就のヒント」もふんだんに散りばめていく。

 山崎が演じる藍野のキャラクター設定はかなり強烈。元動物行動学の准教授で、あらゆる動物や昆虫の生態に詳しく、動物・昆虫のフィギュア集めが趣味。依頼者に対して常に横柄な態度をとり、「言葉を選ばずに言うと…」と遠慮なく切り込む。時に冷淡な印象を与え、周囲の神経を逆なでする言動も多い。それでも、動物行動学の研究を活かした独自のカウンセリングにより、一見結びつくことなどなさそうなカップルも最後には結婚へと導いてしまう。

 新たな毒舌ヒーロー誕生の予感に、山崎も「藍野は、一見掴み所がなくミステリアスに感じますが、とても魅力的な役なので、どのように役と向き合うか今からとてもワクワクしています。連続ドラマの主演は今回が初めてなので、プレッシャーや緊張もありますが、自分らしく、自分にしかできない藍野を作りたい」とやる気十分だ。

 藍野の相談所でアシスタントを務める“ヒロイン”シスターエリザベス役には女優の高梨臨が決定。修道服に身を包んだシスターであるにもかかわらず、依頼者がイケメンだとすぐに惚れ込んでしまう。最終的に藍野がカバーして事なきを得るが、それゆえに藍野に昆虫並みの頭脳などと揶揄(やゆ)されても言い返すことができないでいる。

 高梨も「ぜんぜんシスターっぽさは出てこないシスター役ですが(笑)、自分がこれまであまり演じたことがない新しいキャラクターなんです。たくさんツッコミを入れたり、コミカルな部分もあって、そこは自分の中でも演技をする上での挑戦だと思っています」と話している。

最終更新:6/2(金) 9:48
オリコン