ここから本文です

ヒロアカ声優が参加 悩み相談専用ダイヤル開設

6/2(金) 12:00配信

オリコン

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中、読売テレビ・日本テレビ系でアニメも放送中(毎週土曜 後5:30)の『僕のヒーローアカデミア』(原作:堀越耕平)。きょう、2日に原作コミックス第14巻が発売されたのを記念して、人気のヒーローたちに電話で直接、悩み相談ができる専門ダイヤルが開設された(期間限定)。

【書影】『僕のヒーローアカデミア』コミックス第14巻

 新宿駅の地下通路の壁面に掲出されたビジュアルやコミックス14巻の帯に記載された「05-7005-1314」にダイヤルすると、No.1ヒーロー・オールマイト(CV:三宅健太)から開口一番「ヒーローダイヤルに私が来たー!!!」と、おなじみの言い回しで電話を受けてくれる。「ヒーローとは、困っている人を救けるのがお仕事」と話すオールマイトにお悩みを打ち明けてみよう。すると、オールマイトの教え子たちが電話を替わり、悩みに応じたアドバイスをしてくれる。

 今回のヒーローダイヤルに参加しているのは、緑谷出久(CV:山下大輝)、爆豪勝己(CV:岡本信彦)、麗日お茶子(CV:佐倉綾音)、飯田天哉(CV:石川界人)、轟焦凍(CV:梶裕貴)、蛙吹梅雨(CV:悠木碧)。声優ファンも楽しめる企画となっている。さらに、コミックスの帯に記載されたシークレット“フレーズ”で相談すると、“あの”キャラクターが登場するかも!?

 総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持つ世界を舞台に、事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを目指して、ヒーロー輩出の名門・雄英高校に通う少年・緑谷出久の成長、戦い、友情のストーリーが繰り広げられている本作。14巻では、幼稚園からの幼なじみだが、これまで“本音を話し合ったことがない”2人、出久と爆豪勝己のぶつかり合いが描かれる「デクVSかっちゃん2」、そして、出久とオールマイトが隠してきた秘密を知った爆豪のオールマイトへの憧れと悲痛な想いをオールマイトが受け止める「三人」が収録されている。

■ボイスキャストのコメント「自身が演じるキャラクターに何を相談する?」

▼緑谷出久…山下大輝
 「恋愛や人生とかの相談よりは、夢や憧れなんかの相談をしてくれた方に、デクらしく精一杯答えてくれるでしょう! 彼の境遇だからこその言葉をかけてくれるはずです! 彼は夢や、憧れにど真面目にそしてちょっとクレイジーなくらい向かっていける子です。ちょっと、いや、かなり頑固なくらいで並大抵の覚悟じゃできないことができる子です。たまに周りが見えなくなってしまうこともあるけど、仲間や支えてくれる人がいるおかげで今の彼があるんだと思います。皆が支えてくれるのも彼の才能だと思います」

▼爆豪勝己役…岡本信彦
 「僕は『イベントで一発芸をやれと言われとき何をしたらいいか?』と聞いてみたいですね。爆豪は勝利に貪欲で、しかも真っ向勝負を望む男らしいキャラクターなので、良い答えがでるかも」

▼麗日お茶子役…佐倉綾音
 「お茶子さんならきっと、間口を広く構えてくれているはずなので、恋のお悩みからお金のご相談まで、ぜひ忌憚なくどうぞ! 私は彼女がただの可愛い女の子、じゃない所が好きです。芯が強く、心は優しく、女子だけれどきちんとヒーロー然としているのがとても魅力的だと思います」

▼轟焦凍役…梶裕貴
 「アニメ本編で今ちょうど、轟くんが父や母との間にある心の壁を乗り越えようとしている所なので、家族関係で悩んでいる方は彼に相談してみるといいかもしれません。僕も轟くんくらいの年齢の頃は特に、思春期らしく、家族関係で悩んだりもしていたので、演じていても彼の気持ちはとてもよく分かります。なのでどちらかというと…今、彼の相談に乗ってあげたいです」

▼蛙吹梅雨役…悠木碧
 「彼女の優しくて面倒見のいい所が大好きで、誰より視野を広げて、周りの皆を見ている所がとっても魅力的だと思います。私は『早く起きられないよ~』とか、しょうもないことを相談して『仕方ないわね』って言われたいです…。ケロケロ包容力…」

最終更新:6/2(金) 12:00
オリコン