ここから本文です

返礼品に「金賞酒」 ふるさと納税で若松市

6/2(金) 9:11配信

福島民報

 会津若松市は1日、ふるさと納税の返礼品に平成28酒造年度(28年7月~29年6月)の全国新酒鑑評会で金賞に輝いた会津清酒の3本セットを加えた。納税意欲の喚起を図るとともに、地酒の魅力を発信する。
 福島県内の金賞受賞数5年連続日本一を受けて企画した。会津若松酒造協同組合員で金賞を受けた5銘柄のうち、組合が3銘柄(720ミリリットル)を選び、会津木綿のコースターや会津漆器のぐい飲みと一緒に発送する。10万円以上の納税が対象で50組を用意した。
 市は昨年から3万円以上の納税者に会津産米で作った会津清酒6本セットを贈っているが、金賞受賞酒は高額で品数も限られるため、返礼品に含まれていなかった。
 詳細は市のホームページに掲載している。問い合わせは市総務課 電話0242(39)1211へ。
 返礼品の金賞受賞酒は次の通り。
 会津中将(鶴乃江酒造)名倉山(名倉山酒造)稲川(稲川酒造店)榮四郎(榮川酒造)玄宰(末廣酒造)

福島民報社

最終更新:6/2(金) 9:55
福島民報