ここから本文です

9nine、アニメ契機に海外進出の夢「ライブができたらうれしい」

6/4(日) 12:00配信

オリコン

 4人組ガールズユニット・9nine(ナイン)が、7月22日にスタートする新アニメ『THE REFLECTION WAVE ONE(ザ・リフレクション)』(NHK総合 毎週土曜 後11:00 全12回)に“本人役”として出演する。グループとしては声優業に本格初挑戦。メンバーたちは、収録を終えたばかりのアフレコ現場でインタビューに応じ、意気込みを語ってくれた。

【写真】アフレコに臨んだ9nine

 『X-MEN』『スパイダーマン』などの原作を担当したアメコミ界の巨匠、スタン・リー氏が手がける同作は、『蟲師』『惡の華』などのアニメ監督・長濱博史氏と強力タッグを組んで制作する完全オリジナルヒーローアニメ。9nineは、覆面女子高生ヒーロー4人組を演じる。

 大役に抜てきされた4人は、台本を受け取ってから入念に練習を重ねた。現場の立ち回りや服装に気を配るなど、準備に余念がなく、当日も一時間前にスタジオ入りするほど気合十分だ。メンバーの中で声優経験が豊富なのは佐武宇綺。西脇彩華、吉井香奈恵、村田寛奈の3人は、ガヤ役の経験はあるものの役名のあるキャラクターに声を当てるのは初めてだという。

 現場では、声優の“先輩”として佐武が引っ張る形で収録に臨んでいる。仲間から「本当に心強い」(吉井)、「お姉さんでした。普段は一番ボケボケなのにきょうは頼もしかった」(西脇)と羨望の眼差しを向けられ、照れ笑いを浮かべていた佐武は「私もみんながいてくれて心強かったです」と充実感をにじませた。

 演じるキャラクターは、セリフの言い回しだけでなく、メンバーたちの些細な仕草まで完全に再現するなど、ファン必見の内容だ。実際に画面で動く映像を観た村田は「感動しました。自分たちのキャラクターが動いてるなんて、夢の世界のような話で涙が出そうなくらいうれしかったです」と感激しきりの様子で、出来栄えに太鼓判を押した。

 さらに主題歌、劇中歌も担当する。西脇が「今回は自分たちも出てるし、すごく気合の入った一曲です」と言葉に力を込めると、吉井も「自分たちの出てる作品の歌をうたうのが夢でした」とほほ笑みながら話した。

 グループとしては、昨年7月に約10年活動してきた川島海荷が脱退して4人体制となり、もうすぐ一年を迎える。再出発を切ったメンバーたちは、テレビのレギュラー番組も決まり、5月には新曲「Why don’t you RELAX?」を発売。今作の声優挑戦に加え、8月26日に東京・中野サンプラザでワンマンライブを開催するなど、着実に活動の幅を広げている。

 確かな“追い風”が吹くなか「いろんなスタッフさんに感謝しています。本当に頑張らなきゃ」(村田)と決して驕(おご)ることなく飛躍を誓う。日本のアニメは今や世界に誇るポップカルチャーとあって「もし行けるのなら海外に行って、ライブができたらうれしいですね。あとは自分たちのキャラクターのコスチュームを着てくれる人が会場にいたりしてくれたら最高です!」と“海外進出”の夢も目標の一つに掲げた。

最終更新:6/4(日) 12:00
オリコン