ここから本文です

豊富な入出力を搭載、iOSやAndroidもつなげる次世代オーディオインターフェイス ARTURIA「AudioFuse」ついにリリース

6/2(金) 18:42配信

BARKS

2015年のNAMM SHOWで発表され、発売が待たれていたARTURIAのオーディオインターフェイス「AudioFuse」がついに登場。Deep Black、Classic Silver、Space Grey、3色のラインナップで6月上旬より発売される。

妥協のないプロフェッショナル・サウンド、ハードな使用に耐える堅牢なつくり、思い通りに使いこなせるわかりやすい操作性、あらゆる機器を接続でき、そしてどこででも使える機動性の高さ。こうした要望を実現するべく誕生したのが、「AudioFuse」だ。マイクや楽器はもちろん、ターンテーブル、スタジオ機器、Mac、PC、Linux、タブレット、iOSやAndroidのスマートフォンまでつなげたいものをなんでも接続可能。バスパワー駆動でどこへでも持っていけるオーディオインターフェイスとなっている。

各コンポーネントの性能を完全に引き出すべくマイク・プリアンプは1から設計。アナログ全盛期の定番設計からヒントを得て、それを最新のディスクリート・パーツで最大限に改良した「DiscretePRO」マイク・プリアンプは、あらゆるニュアンスの演奏も正確に、極めてピュアに収録。フラットな周波数特性で、可能な限り原音そのままのサウンドが得られる。

豊富な入出力は大きな魅力。DiscretePROマイク・プリアンプ×2、RIAAフォノ・プリアンプ×2を搭載。アナログ入力はマイク/インストゥルメント/ライン(XLR/TRSコンボ・ジャック×2)、フォノ/ライン(RCA、1/4 インチTRS各×2)の4系統、アナログ出力は1/4インチTRS×4で、24ビットのAD/DAコンバータ(最高192kHz)を搭載。外部エフェクトをつなげるインサート端子×2やADAT、ワードクロック、MIDI入出力も備える。また、アナログ・ソフト・クリッピング機能も搭載。マスターとモニター・ミックス・チャンネルは分離可能で、トークバック機能(マイク内蔵)やA/Bスピーカー切り替えスイッチ、ダイレクト・モニタリング機能、3ポートのUSBハブをアルミ製シャシーに搭載。レザー・カバリング付きハードトップ・カバーも付属する。

製品情報
◆AudioFuse
価格:90,000円(税別)
発売日:2017年6月上旬

最終更新:6/2(金) 18:42
BARKS