ここから本文です

オリパラは終わっても...。ブラジルをコンセプトにした店が続々オープン

6/2(金) 12:27配信

MEGABRASIL

ネイマールが主宰するブランドを扱うショップも

オリンピック・パラリンピックが開催された2016年は“ブラジルイヤー”とも称され、ぐるなび「今年の一皿」でグリル料理のシュハスコ(シュラスコ)が特別賞を受賞するなど、これまで以上にブラジル文化に注目が集まった。

しかし年が明けてもブラジル発の話題は鳴りを潜めず、ブラジル発の文化を伝える新コンセプト店のオープンやイベントの開催が相次いでいる。

6月1日(木)、東京・渋谷に、ずばり、ブラジルのファッションを専門に扱う「ソルテブラジル・コンセプトストア」がオープンした。

ネイマールが友人たちとブラジルで立ち上げたブランド「TOISS(トイス)」や、リオデジャネイロとサンバの文化に特化したTシャツブランド「HUEBRA(ウエブラ)」など、現地のストリートカルチャーに根差したブランドから、セレブ御用達の水着ブランドまでを扱う。

人気の高いシュハスコ(シュラスコ)の専門レストランの勢いも衰えていない。そればかりか、全国区へと広がりつつある。4月には「リオグランデグリル」が六本木、横浜、恵比寿に続く4軒目を千葉県舞浜市にオープンした。現在、シュハスコ専門店は奈良や鹿児島、沖縄にもある。

また、日本オリジナルの“独自進化形シュハスコ”も生まれている。この6月1日(木)、仙台にオープンした「野菜で包む専門店 ベジップ WORLD BBQ 仙台店」は、世界各地のスタイルのBBQを、串刺ししたまま焼いた素材を客席で切り分けるというブラジルのシュハスコ・レストランでおなじみのスタイルで提供。その肉を、野菜でくるんで食べるというオリジナルの形式を取り入れた。

カクテル「カイピリーニャ」のベースとなるブラジルの蒸留酒カシャッサも、「カシャッサ・アルテザナウ」と呼ばれる、手作り酒蔵による熟成カシャッサに注目が集まりつつある。

6月2日(土)にブラジル中央協会が開催する「カシャッサを楽しむ会」も、申し込みは満席とのこと。五反田にある「キョーダイ・マーケット」などブラジル食材の店でも、「ファゼンダ・ソレダージ」などの名門ブランドの熟成カシャッサが並ぶようになった。

肉料理文化大国ブラジルならではの切れ味を誇るナイフから洗練された多様なテーブルデコレートツールまでを扱う南米最大の総合キッチンウェアブランド「トラモンティーナ」は、日本でもホテルやレストランで絶大な支持を受けている。そんな同ブランドも、昨今のバーベキュー人気や肉料理需要の高まりを受けて、本格バーベキューセットやナイフ類などの百貨店での販売を今年からスタートさせた。

決して“ブーム”と呼べるような大波ではないが、気がついたら足元に届いているさざ波のように、ブラジル発のアイテムはじわじわと生活の中に浸透しつつあるようだ。

(文/麻生雅人)

最終更新:6/2(金) 12:58
MEGABRASIL