ここから本文です

ママ鵜匠、お見事! 「木曽川うかい」が開幕

6/2(金) 9:14配信

岐阜新聞Web

 岐阜県各務原市と愛知県犬山市境の木曽川で1日、「木曽川うかい」が開幕し、神事でシーズンの安全を祈願した後、招待客ら約120人が全国でも珍しい「昼うかい」を堪能した。
 今シーズンは、東海地方初の女性鵜匠として話題になった稲山琴美さん(28)が出産、育児の休業が明け、“ママさん鵜匠”として2年ぶりに復帰した。
 河川敷で両市の観光関係者や招待客らが神事を行った後、漁を開始。稲山さんが鵜舟に立ち、8羽の鵜を操る見事な手縄(たなわ)さばきを見せると、見物客から歓声が上がった。
 稲山さんは「ぶっつけ本番で余分な力が入ってしまったが、思った以上にうまくできた」と復帰の手応えを語るとともに「かかがり火はないが、間近に見られるのが昼うかいの魅力。犬山城を臨む景色と一緒に楽しんでほしい」とPRした。
 木曽川うかいは10月15日まで、昼夜とも毎日開催。今シーズンは2万5千人の観光客を見込んでいる。

岐阜新聞社

最終更新:6/2(金) 10:56
岐阜新聞Web