ここから本文です

大気不安定続く きょうも雷雨に注意

6/2(金) 5:07配信

ウェザーマップ

 西日本ではきょう2日(金)朝にかけて、東日本や東北地方では夕方にかけて、大気の状態が非常に不安定となる。落雷、竜巻などの激しい突風、ひょう、局地的な激しい雨に注意が必要だ。

 西日本から北日本の地上付近には、暖かく湿った空気が入っている一方で、上空には、この時季としては強い寒気が入り込んでいる。そのため、本州付近は広い範囲で大気の状態が非常に不安定で、雷雲が発達しやすい状況となっている。

 西日本では朝にかけて、東日本や東北地方では、夕方にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意が必要だ。もくもくとした黒い雲が見える、急に周りが暗くなる、冷たい風が吹くなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、丈夫な建物内や車の中に移動するなどの安全確保が重要となる。また、ひょうが降るおそれもあるため、農作物や農業施設の管理、運転時の路面状況の変化などにも注意が必要だ。