ここから本文です

いよいよ復活!ルノー、アルピーヌブランドを日本で正式販売へ

6/2(金) 11:15配信

オートックワン

アルピーヌから発売されるのは新型2シータースポーツカーで、2017年3月に開催されたジュネーブモーターショー2017で正式に世界初公開された。

【画像】新型アルピーヌ A110の写真を見る

車名は往年の名車と同じ「A110」。

伝説のスポーツカーの名を伝承すべく、低く流れるようなボディや丸みのあるボンネット、丸形2灯ヘッドライトなど、オリジナル「アルピーヌ A110」を想起させるエクステリアを持つ。

新型アルピーヌ A110は、現代のモデルとしてはコンパクトなボディが特長で、オリジナルのA110同様に空力性能にもこだわった。

軽量かつ強靭なアルミフレーム・ボディと、ミッドシップに搭載された1.8リッター4気筒ターボエンジンの組み合わせは、俊敏な運動性能とともに、停止状態から時速100kmに到達するのに約4.5秒という加速能力を発揮するという。

新型アルピーヌ A110は、まず「A110 プレミアエディション」が台数限定で2017年末までにフランスなどで発売され、その後通常モデルが発売されるというスケジュールがジュネーブモーターショーで明かされていた。

また、日本とイギリスについては2018年に販売予定で、おそらく右ハンドル仕様も用意されるものと思われる。

■アルピーヌ A110 プレミアエディションのスペック(欧州値)
全長x全幅x全高:4178x1798x1252mm/ホイールベース:2419mm/車両重量:1103kg/エンジン形式:1.8リッター 直列4気筒 ターボチャージャー付 16V ガソリンエンジン/エンジン搭載位置・駆動方式:ミッドシップレイアウト・後輪駆動(MR)/最高出力:252ps(185kW)/6000rpm/最大トルク:320Nm/トランスミッション:湿式7速デュアルクラッチトランスミッション/空気抵抗係数(CD値):0.32/最高速度:250km/h/0-100km/h加速:4.5秒/タイヤサイズ:(前)205/40R18(後)235/40R18/サスペンション形式:(前)ダブルウィッシュボーン式(後)ダブルウィッシュボーン式

最終更新:6/2(金) 11:16
オートックワン