ここから本文です

6月15日発売「Surface Pro」を買う前に知っておくべき 5つの事実

6/2(金) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

6月15日から発売になるSurface Pro 4の後継モデル「Surface Pro」。2015年のPro4の発表から19カ月が経ち、満を持しての発表だ。東京で開催された新Surfaceシリーズの発表会に来日した米マイクロソフト副社長でデバイス担当のパノス・パネイ氏曰く、Surfaceビジネスにとっての日本という市場は、

【画像】Surface Proは、見た目はこれまでのPro4とはほとんど変わらないが、性能は一新され、細部のデザインに細かく手が入れられている。

・出荷先30カ国の国や地域のなかで世界トップ3に数えられる市場規模をもつ国

・またSurfaceの売上の世界トップ10に入る量販店チェーンが東京に7つもある

・昨年から今年にかけて日本におけるSurfaceビジネスの成長率は+47%

なのだという。つまり、日本でのSurfaceビジネスは極めて好調なのだ。

プレミアムセグメントを標榜するSurfaceは、価格レンジについても、タブレットとしてもノートPCとしても使える、いわゆる「2 in 1ノートPC」の一般的な価格帯と比べると強気な値付けだ。エントリーモデルこそ11万4264円(Core m3/128GBモデル)だが、主力モデルと考えられる中位機は15万8544円(Core i5/SSD256GBモデル)、最上位のCore i7モデルでは、軽く20万円を超える。昨今のPC市場の低価格化圧力は相当なものだが、それでも売れている。

人気の理由はいくつかあるが、初代Surface Proから世代を重ねる中で、ブランド構築をしっかりと設計してきたことが、今日の成功に効いているはずだ。たとえば、取り外し式のキーボード「タイプカバー」などの端子や規格を統一することで、旧モデルとの一定の互換性を保ち長く使える製品と意識づけることもその1つだ。こうした積み重ねによって「Surfaceの次に買うPCもSurface」というロイヤリティの高いユーザーを獲得し、ブランドを強固なものにしてきた。

今回のSurface Proも同様の戦略の上での互換性を保った周辺機器展開なのか? Pro4やPro3からアップグレードする際には同時発表のSurface LaptopではなくSurface Proを選ぶべきなのか? 改めて要点をまとめた。

1/2ページ