ここから本文です

ユヴェントス、スタジアムの名称変更を発表…来月から「アリアンツ・スタジアム」に

6/2(金) 17:23配信

GOAL

ユヴェントスが拠点を置くスタジアムの名称が「アリアンツ・スタジアム」に変更される。公式ウェブサイトで1日に発表した。

アリアンツ・イタリアがユヴェントスと新たなパートナーシップ契約を結び、スタジアムの命名権を取得した。これにより7月1日から、ユヴェントス・スタジアムは「アリアンツ・スタジアム」に正式名称を変える。なお契約は2023年6月末までの6年間となっている。

アリアンツと提携を結ぶスタジアムは、イタリアではトリノのアリアンツ・スタジアムが唯一となるが、世界に目を向けると、バイエルン・ミュンヘンのアリアンツ・アレーナやロンドンのアリアンツ・パーク、ニースのアリアンツ・リヴィエラなど各国に点在する。

ユヴェントス・スタジアムは2011年9月8日に開場したユヴェントス自前のスタジアムで、収容人数は4万1500人を超える。スタジアム内には通常シートのほか、ビジネスエリア、VIP用ボックス席、プレミアムシートなどが設置されている。またユヴェントス・ミュージアムやストア、飲食店、子供向けの遊戯施設など併設設備も充実している。

最終更新:6/2(金) 17:23
GOAL