ここから本文です

あんの中にホッキ貝がゴロゴロ 給食の「特製やきそば」に笑顔 北海道広尾町

6/2(金) 14:17配信

十勝毎日新聞 電子版

 広尾町内の小中学校や幼稚園の給食に、地元の前浜で水揚げされたホッキ貝を使用した「あんかけ焼きそば」が提供され、子どもたちを喜ばせた。

 町教委は地元の食材に親しんでもらおうと、「ふるさと給食」を提供している。今回は広尾漁協ホッキ部会(相津郁男部会長)が約1200個をむき身にして無償提供した。

 この日、広尾小学校(児童254人)の5年2組の児童たちに配られたメニューには、大ぶりで鮮やかな赤と白のホッキ貝がいくつも見え隠れしていた。「おかわり」をする児童も多かった。男子児童は「コリコリした食感が気持ちいい」と話していた。

十勝毎日新聞