ここから本文です

マカオ、中国人経営の無認可宿泊施設摘発…警察本部正面のビル内

6/2(金) 11:56配信

マカオ新聞

 マカオ治安警察局は6月1日正午頃、マカオ半島新口岸地区で防犯パトロール「落雷作戦17」を実施。十月一日前地のビル内で無認可営業の宿泊施設3軒を発見し、施設内にいた男女14人(男子10人、女子4人)の計14人の身柄を拘束した。

 同局の発表によれば、13名が中国本土出身で、1人が台湾出身。このうち中国・江西省出身の女子(47)1人が経営者で、就労に必要なビザを取得しておらず、出入境事務部門へ身柄を引き渡したという。

 客については、特に不審な点もなかったことから、拘束を解いたという。なお、宿泊価格は1日100~400パタカ(日本円換算:約1400~5600円)程度だったとのこと。

 なお、現場は同局本部ビルの正面にあたり、周辺は中小のカジノ施設や雑居ビルが立ち並ぶ繁華街。

 マンションの部屋などを不特定多数の旅客に貸し出す不法宿泊施設がオーバーステイや密航者の隠れ家として利用されるなど、犯罪の温床になっているとの指摘もあり、当局が取り締まりを強化して対応している。

最終更新:6/2(金) 12:00
マカオ新聞