ここから本文です

東京五輪ボランティア研修 伊豆でおもてなしを

6/2(金) 12:54配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技が開催される伊豆市で、活躍が期待される現地ボランティアの実践研修が6月1日から始まりました。
 研修は6月1日、修善寺駅の構内にある伊豆市観光案内所で行われ、長泉町に住む男性と地元に住む主婦の2人が参加しました。2人はまず、観光客に対し案内所の職員がどのように接しているのか1時間ほどメモを取りながら見学したあと、カウンターに立って実際に観光客の対応を実践しました。しかし、初めての経験でほとんど対応することができず、職員の手助けを受けながらの初日となりました。
 この研修は「おもてなしいず・サポーター1期生」として伊豆市から認定を受けた53人が、2017年度中に1人3回ほど受けることになっています。

最終更新:6/2(金) 12:54
静岡放送(SBS)