ここから本文です

宇部で撮影のEXILE映画、8月全国公開

6/2(金) 14:31配信

宇部日報

3カ所でロケ

 宇部市もロケ地となったEXILEメンバーらが出演する最新映画が、8月19日から全国の映画館で公開される。撮影は厚東川新橋などで行われ、どのようなシーンで宇部が舞台になっているのか、映画のストーリーとともに市民の関心を集めそうだ。

 最新作は昨年上映された映画の続編。タイトルは「HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY」。仲間との友情、絆を描いた青春ストーリーで、迫力あるアクションが数多く盛り込まれ、新キャスト、新キャラクターも加わっているという。宇部での撮影は3月4~8日、4月3、25日、5月14、15日の計9日間。県道354号の厚東川新橋のほか、広域農道の猪ノ木トンネル(小野)、芝中西埠頭の3カ所であり、AKIRAさん、TAKAHIROさん、小林直己さん、登坂広臣さんらが参加。人気グループだけに、メンバーが訪れた際には、撮影場所はもちろん、現場に通じる道路周辺も封鎖し、厳戒態勢の下で撮影が行われた。

 宇部フィルムコミッションによると「コンクリートと鉄」という「HiGH&LOW」のストーリーをイメージできるロケーションと、地域の協力が得られて封鎖が可能な道路、橋があるという理由で、宇部が撮影地に選ばれたという。

最終更新:6/2(金) 14:31
宇部日報