ここから本文です

錦織「ホッとした」 終盤挽回許すもストレート勝ちで全仏OP3回戦へ<男子テニス>

6/2(金) 1:15配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は1日、男子シングルス2回戦が行われ、第8シードの錦織圭が世界ランク74位のJ・シャーディ(フランス)を6-3, 6-0, 7-6 (7-5)のストレートで下し、3年連続4度目の3回戦進出を果たした。試合後の会見では「3セットで終われてホッとしました」と安堵の表情を見せた。

【錦織vsチャン 1ポイント速報】

錦織は第1セットの第1ゲームでいきなりブレークを許す展開からストローク戦で主導権を握り、2セットを連取。

第3セットを終えた時点ではトレーナーに右肩の治療を施してもらった。そこからリズムが狂い始め、シャーディにフォアハンドの強打やバックハンドのカウンターショットを決められてタイブレークへ突入。

「自分がちょっと打たなくなったのもありますし、セカンド(サービス)を攻められた。彼もどんどん打ってきた。タイブレークを取られてもおかしくなかった」と振り返った錦織は、試合を通してファーストサービスが入った時に84パーセントの確率でポイントを獲得し、1時間57分で勝利を手にした。

T・コキナキス(オーストラリア)との初戦の後に「反省点はいっぱいある」とコメントしていたが、この日は「ディフェンスが良くなった。自分のいいプレーが出てきた」と手応えを得ていた。

3回戦では、世界ランク67位で韓国期待の若手チャン・ヘヨン(韓国)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:6/2(金) 1:15
tennis365.net