ここから本文です

マツダ、CX-3にガソリンモデルを追加し今夏発売…新燃費基準のWLTCでの認可を取得

6/2(金) 12:45配信

オートックワン

マツダは、CX-3のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車が、日本でも新たに採用される世界統一試験サイクルのWLTCモードの認可を取得したと発表した。なお、CX-3のガソリンモデルは夏に発売される予定となる。

【画像】ガソリンモデルが追加されるマツダ CX-3の写真を見る

新燃費表記となるWLTCモードは、3つの走行モード「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」で構成された国際的な試験方法で、従来のJC08モードに比べ、冷機状態での走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、運転者以外の乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した内容となっている。

今夏以降、WLTCモードの認可を取得した車種から、同モードに基づく燃費「WLTCモード燃費」と、3つの走行モード毎の燃費値がカタログなどに表示されることになり、ユーザーは自身の走行環境にあわせて、実態に近いモード燃費を確認することが可能となる。

なお、2018年10月以降に販売する新型車については、省エネ法に基づきWLTCモード燃費表示が義務化される予定である。

CX-3 SKYACTIV-G 2.0(ガソリンエンジン)搭載車の燃費は以下の通りとなる。

【FF】

WLTCモード燃費:16.0km/L(市街地モード:12.2km/L/郊外モード:16.8km/L /高速道路モード:18.0km/L)

(参考)JC08モード燃費:17.0km/L

【4WD】

WLTCモード燃費:15.2km/L(市街地モード:11.6km/L/郊外モード:15.8km/L /高速道路モード:17.4km/L)

(参考)JC08モード燃費:16.6 km/L

研究開発・MDI・コスト革新を統括する取締役専務執行役員の藤原 清志氏は、「マツダは、実質的なCO2削減とお客様価値の最大化に向けて、従来から実際に運転する状況での性能を重視して開発を行ってまいりました。地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供することを追求し、さらなる省資源化や地球環境保護への貢献を目指してまいります。」とコメントした。

最終更新:6/6(火) 11:33
オートックワン

Yahoo!ニュースからのお知らせ