ここから本文です

ゴルフクラブ、一眼レフやめます 秩父市、ふるさと納税返礼見直しへ

6/2(金) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県秩父市は1日、ふるさと納税の特典で人気を集めているゴルフクラブやデジタル一眼レフカメラなどの返礼品について、秋ごろまでに中止する方針だと明らかにした。

 市によると、2015年10月にふるさと納税の特典を大幅にリニューアルし、ゴルフクラブなどの地場産品を追加。実績は14年度が31件126万8千円だったが、15年度は678件1億2544万6千円、16年度は1775件2億1500万6千円までに急増した。全体の8割以上がゴルフ関連商品だったという。

 総務省は返礼品競争に歯止めを掛けるため、調達価格を寄付額の3割以下に抑えるよう見直しを求めていた。市は提携事業者と交渉中で、総務省の基準に沿った見直しを進めている。それに伴い、1日から、姉妹都市提携を締結する東京都豊島区との友好関係を推進するため、サンシャイン水族館とスカイサーカスサンシャイン60展望台の入場券を追加した。

最終更新:6/2(金) 10:30
埼玉新聞