ここから本文です

C・ロナウドVSブッフォンよりも面白い!? 英紙がUCL決勝で注目するは“世界最高のSB“の直接対決!

6/2(金) 17:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

この試合で最も面白い?

3日に行われるレアル・マドリードとユヴェントスのチャンピオンズリーグ決勝では、レアルのFWクリスティアーノ・ロナウドやユヴェントスGKジャンルイジ・ブッフォンに注目が集まっている。その他にも母国ウェールズでの決勝を迎えるガレス・ベイルや、ユヴェントスの点取り屋コンビのゴンサロ・イグアインとパウロ・ディバラなど、攻撃的なタレントはどうしても目を引く。

ロナウドの次はベイル像!

しかし、もう1つ忘れてはならない重要な戦いがある。ユヴェントスの右サイドを守るダニエウ・アウベスとレアルの左サイドを守るマルセロのブラジル代表サイドバックの直接対決だ。アウベスは準決勝のモナコ戦で全4得点に絡むなど、世界を代表する超攻撃的サイドバックだ。一方のマルセロもその姿はクラブOBのロベルト・カルロス氏を思わせるものがあり、恐らくこの2人は現代サッカー界で最も高い攻撃力を持つサイドバックだ。英『Daily Mail』も2人の直接対決に注目しており、サイドで攻撃的なバトルが繰り広げられることになるだろう。これはこの試合で最も面白いポイントかもしれない。

アウベスにはミドルシュートや中にカットインする動きなど、サイドバックの枠に縛られない自由な発想とそれを可能にする技術がある。また、準々決勝のバルセロナ戦で同じブラジル代表FWネイマールを抑え込んだように、守備の1対1でも強さを持っている選手だ。最近は中央でプレイする時間が増えているが、ロナウドが左サイドに回ってきた場合はクラシコで何度も実現してきたロナウドVSアウベスの戦いを見ることになるだろう。

それを言えばマルセロもクラシコで何度もアウベスの所属するバルセロナとやり合っているのだが、今季のマルセロはこれまでとは役割が異なっている。今ではロナウドが中央でプレイする時間を増やしているため、左サイドに張っているのはマルセロ1人だけという状況も珍しくない。これがマルセロの攻撃性を最大限に引き出しており、今回の決勝ではこれまでとは違うマルセロVSアウベスを見ることができるはずだ。

元ブラジル代表DFのカフー氏も「彼らがサイドバックのポジションでは世界最高だ」とコメントしており、チャンピオンズリーグ決勝でその争いが実現することになる。両チームのサイドバックの出来が試合の行方を左右することになるかもしれず、この2人のサイド対決から絶対に目を離してはならない。

http://www.theworldmagazine.jp/

Yahoo!ニュースからのお知らせ