ここから本文です

営業マンに聞きました。「売る秘訣」教えてください!

6/2(金) 17:30配信

TOKYO FM+

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。5月31日のテーマは「営業マンに聞きました。営業のポイント、ここにあり!」でした。

あるサイトでサラリーマンの方々に聞いた「営業職はやっておくべきか?」という質問に対し、約65パーセントの人が「非常にそう思う」と答えています。その一方で、6、7割の人が「自分が営業に向いているかわからない、向いていない」と回答。相手が人間なだけにやはり難しい営業職。今回は東京の街の営業マンに「営業のポイント」について伺ってきました。


◆雑司ヶ谷で出会った28歳の男性
(営業のポイントはどこにありますか?)
「お客さんが一番望んでいる事をどう提供できるか? 見極める所が一番かなと思います。 自分が今やっているのが広告代理店で交通広告の営業と管理をしています。

(何か先輩から営業のアドバイスはもらいましたか?)
当たって砕けろ! とりあえずお客さんの所に行って喋る事に慣れる所からだよと言われました。 まぁ100件ほど営業して、1件決まれば上出来って言われているので」

◆阿佐ヶ谷で出会った27歳の女性
「とにかく第一印象を良くしています。いつも笑顔でにこやかに入っていく様にしています。 不動産関係の仕事で営業は2ヵ月くらいですね。先輩からはとにかく人を好きになれといわれます。 相手を好きになったら何でも知りたくなるから!みたいな。 とにかく商談する時は相手を大好きになっています!」

◆市ヶ谷で出会った35歳の男性
「セールスで売り込みをするんじゃなくて、相手の話を聞くということを心がけて話をしてます。売るものももちろんあった上で、お客さんの要望を聞き出して そこに対する解決策を提案するのが我々の仕事です。

(身につけたテクニックもあったり?)
話のネタを常に用意しておくとか相手が好きそうな、興味がありそうなものを事前に調べたり、クライアントに関係する情報は常に持ってます。相手がお酒が好きであれば振ってみたりスポーツが好きであれば、その情報をまず出してみるとか。そういったところからクライアントさんの話を聞くっていうのが、ポイントかなと。

(身だしなみの部分は?)
常に清潔感のある格好はしようかと。単純なところでいうと、スーツにシワがない、髪の毛が乱れてない。 髪の毛は割と短くしてますね。清潔感のある方がいいかなと思いますね」

1/2ページ

最終更新:6/2(金) 17:45
TOKYO FM+