ここから本文です

糸魚川大火から復興へ 被災者が富山市の住宅視察/富山

6/2(金) 21:33配信

チューリップテレビ

 去年12月の新潟県の糸魚川大火からまもなく半年です。
 復興計画の策定にむけて被災者や市役所の関係者が富山市の共同住宅を視察しました。
 2日は富山市で地元の会社が運営するサービス付きの高齢者用共同住宅を見て回りました。
 今回の視察は、糸魚川大火の被災者に意向調査を行なった際共同住宅の内容を知りたいとの要望が出たことから企画されたものです。
 去年12月に出来たばかりの施設は、2階建ての10室で、1階はペットと同伴OKです。
 被災者のうち仮住まいで生活している人は、56世帯119人に上るため住宅再建は大きな課題となっています。
 糸魚川市ではこうした視察を参考に復興計画策定を進め、被災者用の市営住宅を建設したい考えです。

チューリップテレビ