ここから本文です

火災の西武園ゆうえんち再開へ 一部は休止、10月全面開園を目指す

6/2(金) 22:24配信

埼玉新聞

 5月12日の火災で臨時休園していた西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市山口)は2日、園内の一部を除き、3日午前10時から営業を再開すると発表した。火災発生場所に仮囲いを設けるなど「安全の確保が確認できた」としている。運営する西武レクリエーションによると、10月中旬ごろの全面開園を目指しているという。

 開園するのは、火元とみられる園西側のアーケード大通り(全長約135メートル)周辺を除いたエリア。アーケード大通りと、隣接する回転ボート▽ミニ飛行機▽ジェットファイター▽バルーンフライト▽ハングライダー▽回転馬車―の6施設は休止を継続する。

 出火原因について県警や消防による調査が続いており、同園は警備員による夜間巡回の強化、防犯カメラの増設やカメラ作動中看板の設置など安全対策を講じた。園内テナント店舗などで退社時にコンセントの抜き忘れや火元の安全確認のチェックなどを行い、電気コードや電気プラグの定期点検も継続して行っていくという。

最終更新:6/2(金) 22:24
埼玉新聞