ここから本文です

ペップとはすっかり仲直り!? シティ、功労者との契約延長を発表

6/2(金) 21:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

2010年より在籍するヤヤ・トゥレ

マンチェスター・シティがクラブ公式サイトにて、MFヤヤ・トゥレとの契約を1年延長したことを発表した。

ヤヤ・トゥレは2010年にバルセロナより加入し、これまで299試合に出場し81ゴールを挙げている。シティは既に契約満了となった、バカリ・サニャやウィリー・カバジェロなどの退団を発表しており、今季で契約満了となるヤヤ・トゥレも退団濃厚と見られていた。しかし見事契約延長を勝ち取った同選手は、クラブ公式サイトに喜びを語った。

「シティと契約を延長することができて嬉しいよ。このクラブとファンが大好きなんだ。一番長く在籍したクラブで、これまでにクラブが達成してきたことの手伝いができたことを誇りに思っている。ファンのためにもっと成し遂げたいよ。彼らのためにプレイすることは、いつだって素晴らしいことだ」

変革期からクラブを知るヤヤ・トゥレの残留は、チームにとっても大きなものとなるはずだ。今シーズン始めには同選手の代理人とペップ・グアルディオラ監督との間に衝突があり、メンバーにも入れない日々が続いていた。しかし関係が修復されたのか、試合に出場するようになったヤヤ・トゥレは存在感をしっかりと示し、最終的には契約延長にまで至っている。今季無冠に終わったシティをヤヤ・トゥレは、再びプレミアリーグの頂点に導くことができるだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報