ここから本文です

ソフトBが初回に一挙4点先制 柳田&デスパイネが適時打

6/2(金) 18:29配信

Full-Count

DeNAクラインは悪送球で先制点を献上

 ソフトバンク打線が敵地で爆発した。2日のDeNA戦(横浜)。初回から一挙に4得点を奪うビッグイニングを作り出した。

 先頭の川崎が、いきなり右中間を破る二塁打で出塁すると、今宮の犠打を処理したDeNA先発のクラインが一塁へ悪送球。川崎が一気に生還して先制に成功し、柳田は弾丸ライナーで左翼フェンスにぶち当てる強烈な適時二塁打を放った。

 これだけでは終わらない。内川が四球を選ぶと、デスパイネが右翼線への適時二塁打を放って3点目。さらには中村晃の右翼への犠飛で4点目。クラインの不安定な立ち上がりを攻め、大量リードを奪った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/2(金) 19:19
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 21:45