ここから本文です

大学生のホスト体験 「女性の扱い方を学びたい」と意気込むも…

6/2(金) 22:00配信

AbemaTIMES

 HKT48の指原莉乃(24)と、ブラックマヨネーズの小杉竜一(43)、吉田敬(43)がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』が放送された。この番組は、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出し、女子がサイテー男に引っかからないための「ゲス恋から学ぶ恋の教科書」がテーマ。番組では今回、哺乳類大好きな童貞大学生・伊勢航来(19)のホストクラブ体験入店をレポート。VTRを通じ、指原がホストの厳しさを学んだ。

 伊勢は「ホストを通じて女性の扱い方を学びたい」と熱い意気込みを披露。サイテー男として番組に出演しているヤス、ひょうごっちベイベーが在籍する「CLUB『D.I.A』TOKYO」に入店した。

 スーツ姿で登場した伊勢は、ヤスに笑われながらも美容院へ。髪型だけはイメチェンを果たすと、続いて「キリンが好きって言ってたよね。一条麒麟でいいや!」と、源氏名が決定。ヤスとひょうごっちベイベーの接客を見学した伊勢は「だんだんわかってきましたよ」と謎の自信を覗かせた。ブラマヨの2人は「本当か!?」と衝撃を受け、指原は「すごい、自信持ってる!」と期待のまなざしを向けた。

 しかし実際に接客する段になると、名刺を差し出すタイミングを逃したり、客から「なんでスーツなの」と笑われる羽目に。ひょうごっちに指名が入り1人残されると、数分後には客がスマホを触り出し、シーンとした雰囲気が訪れる。伊勢は客のグラスが空いたことに気付かず、客自ら酒を注ぎ、「仕事!」とツッコミを入れられていた。

 続いての客は「何か面白いこと言って」「気持ち悪い」「つまんないからテーブル片付けて」などと容赦のない言葉を浴びせ、伊勢はすっかり意気消沈。「これがホストの厳しさか」というコメントで、伊勢の入店体験は幕を閉じた。

 スタジオに登場したヤスは「厳しさでいうなら、ホスト界ではよくあるレベルの客」と解説。ひょうごっちベイベーも「しゃべってくれるだけマシ」と語った。指原は2人に「あのパターンはどうしたらよかったですか」と質問。ヤスは「無視されても、どんどん話しかけるしかない」と言い、ひょうごっちは「新人の頃、ヤスくんに毎日3分間、壁と話す練習させられた」と告白した。指原は「壁!?」と驚きを見せたが、「AKBの握手会でも、一言もしゃべらない人にはこっちからどんどん話しかけますね」と、反応のない客に対しての意外な共通点が見つかった。

 ヤスは伊勢に向かって「怒らせなかっただけマシ」とエール。伊勢は「厳しいと思いました。ホストの話術ってすごい」と尊敬のまなざしを浮かべ、指原も「ホストって、パッとなれるものじゃないんだね」と感心していた。

(AbemaTV/『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』より)

最終更新:6/2(金) 22:00
AbemaTIMES