ここから本文です

米「パリ協定」離脱 国内外から厳しい批判

6/2(金) 14:44配信

ホウドウキョク

トランプ大統領が、「パリ協定」からの離脱を表明したこと受け、各国から厳しい非難の声が上がっている。
フランスのマクロン大統領は1日、テレビ演説で、離脱表明に強い遺憾の意を表明し、フランス語に加え、英語でパリ協定の重要性を訴えた。
マクロン大統領は「(離脱は)アメリカの利益、アメリカ国民、そして、地球の未来にとって間違いで失敗だ。われわれは、地球を再び偉大にする」と述べた。
また、ドイツ・フランス・イタリアの3カ国の首脳は、共同声明を発表し、「アメリカの決定を遺憾に思う」としたうえで、トランプ氏が「アメリカにとって公平な協定」を求めていることに対し、「パリ協定は再交渉できない」と強調した。
さらに、「パリ協定」の発効に尽力したアメリカのオバマ前大統領は、声明で「この政権は、未来を拒否するごく一握りの国に加わった」、「しかし、わたしたちは地球を守り続ける」と厳しく批判した。
一方、世界第1位の温室効果ガス排出国、中国の李克強首相は、この決定を受け、「中国は、国際的な責任を全うする」と述べ、気候変動への対策は全世界の要求だと強調し、各国が協力して、2030年までの目標達成を実現すべきだと呼びかけた。
トランプ氏が離脱を表明したホワイトハウス前では、離脱に反対する人々がデモを行うなど、アメリカの内外で反発が強まっている。

最終更新:6/2(金) 14:44
ホウドウキョク