ここから本文です

都議会代表質問で激しい論戦

6/2(金) 23:09配信

ホウドウキョク

激しい論戦を繰り広げた。
自民党の高橋信博都議は「小池都政においては、特に前任者との違いを強調するあまり、都政の大きな課題が停滞を余儀なくされている」と述べると、小池知事は「『決めたことをいたずらに否定している』というご指摘ですが、全くあたりません。当たり前のことを、1つ1つ行ってまいりたい」と述べた。
高橋都議が「豊洲市場の維持管理に、1日あたり500万円の経費が浪費され、この状態を続けていくことに、自責の念がないのか疑問」と述べると、小池知事は「持続可能性のチェックなど、50年、100年の『鳥の目』でもって、市場のあるべき姿を総点検する」と答えた。
東京都議会の本会議で、代表質問が行われた。
小池知事が1日、自民党に離党届を出して「都民ファーストの会」の代表に就任したことに関連し、自民党側が「議会との関係をどうしたいのか、全くわからない。独裁的で、側近政治の意味合いが強い」と指摘したのに対し、小池知事は「議会と知事が、それぞれの役割を十分に果たすことが必要」と述べた。

最終更新:6/2(金) 23:09
ホウドウキョク