ここから本文です

新聞を開き、営業に磨き JTB沖縄で沖縄タイムス読み方講座

6/2(金) 21:00配信

沖縄タイムス

 JTB沖縄(那覇市、杉本健次社長)は5月30日、沖縄タイムス社が提供する「新聞の読み方講座」を、那覇市の本社で開いた。新入社員や人事担当者など約10人が参加し、新聞の効率的な読み方や、幅広い話題を把握することで営業力を強化する重要性を学んだ。

この記事の他の写真・図を見る

 タイムス読者局企画管理部の仲間勇哉NIB担当は、観光関連の情報を収集する手段として経済面の役割を強調。「見出しとリード(前文)に目を通せば、沖縄の経済状況を短時間で理解できる。短い時間でも継続的に読んでほしい」と助言した。受講した広告営業課の堀ノ内美月さん(23)=与那原町=は「見出しに着目することで、ニュースを効率的に取捨選択できることが分かり、ネットと違う紙の良さに気付けた」と話した。

最終更新:6/2(金) 21:00
沖縄タイムス