ここから本文です

江本氏、8連敗の巨人に「マシソンが頑張っていれば」

6/2(金) 23:00配信

ベースボールキング

● 巨人 5 - 6 オリックス ○
<1回戦 東京ドーム>

 巨人は3点リードの9回に同点に追いつかれると、延長11回に勝ち越しを許し5-6で敗戦。連敗は8となった。

 巨人は1点を追う7回、村田修一の2ランで逆転に成功すると、坂本勇人にも2点タイムリーが飛び出しこの回4点を奪う。3点リードのまま試合は9回に進む。

 8回途中からマウンドにあがったマシソンは9回、先頭のモレルを空振り三振、伊藤光を二飛に打ち取った。連敗ストップまで残りアウトを1つとしたが、代打・ロメロに6号ソロを浴びる。続く西野真弘にセンター前ヒットで出塁を許すと、安達了一にタイムリー二塁打、小谷野栄一にタイムリー二塁打を浴びて同点に追いつかれた。

 巨人はその裏、二死満塁とサヨナラのチャンスを作るも代打・亀井善行が空振り三振に倒れ、試合は9回で決着がつかず延長戦へ。

 11回に一死走者なしから今村信貴が安達に勝ち越し本塁打を許すと、西村健太朗が武田健吾にタイムリーを浴び、この回2点を失った。その裏、巨人は長野久義の一発で1点を返すのが精一杯。巨人は5-6で敗戦し、連敗が8となった。

 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏は「マシソンが頑張っていればなんてことはなかった」としたが、「こういうしぶといゲームができたのは明日に繋がる空気が残ったと思います」と振り返った。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING