ここから本文です

PWC:第5戦ライムロックパーク、アキュラNSX GT3が2台そろってトップ10入り

6/2(金) 10:00配信

オートスポーツweb

 北米を中心に展開する2大GT選手権のひとつ、PWCピレリ・ワールドチャレンジの第5戦がアメリカ北東部コネチカット州レイクヴィルにあるライムロックパークで開催され、リアルタイム・レーシング(RTR)のアキュラNSX GT3が2台そろってのトップ10フィニッシュを達成。正式デビュー前のテストプログラムに位置付けられている2017年シーズンで、最良の週末を送った。

【写真】43号車アキュラNSX GT3

 この第5戦の1週間前となる5月19~21日に開催された唯一のカナダ戦、カナディアン・モータースポーツ・パーク・ラウンドでは、バージニア戦に引き続き、ドライバー交代を要する“スプリントX”形式でのレースとなり、土曜のレース1ではピーター・コックス/マーク・ウィルキンス組の93号車が9位、ライアン・エバースレー/トム・ダイアー組の43号車は11位に。続く日曜のレース2は豪雨サスペンデッドとなり、開催順延が宣言されていた。

 その流れで迎えた第5戦は、金曜予選からカナダを思わせる雨。これがNSX GT3には恵みの雨となり、全車レインタイヤでのアタックとなるなか、43号車のエバースレーが4番グリッドを獲得。

 93号車のコックスも、わずかな問題を抱えながら12番手につけ、決勝に向けてマシンの改善策を把握することができた。

「カナダでも感じたけど、ウエットでのNSXは本当に自信を持って操れる。マシンの外で今何が起きているか、どこで速く走り、どこで抑えるべきか。それを教えてくれるドライバーフレンドリーなマシンだよ」とエバースレー。

 迎えた金曜のレース1は、ライン上が乾きドライコンディションとなるなかでのスタートとなり、見事な反応を見せたエバースレーが、前を行く2号車のメルセデスAMG GT3、ダニエル・モラドを捕らえにかかるが、ポジショニングを誤り5番手に後退。

 エバースレーは60分レースの前半戦をそのまま耐え、ダイアーへとドライバーチェンジ。一方の93号車コックスは12番手から粘りの走りでポジションを上げ、ウィルキンスを9番手でコース上に送り返した。

 その直後、バトルのあおりを受けたダイアーはターン5で7番手に後退、そのポジション奪還を図ろうとした矢先、3号車のキャデラックATS-V.R.GT3がターン1でクラッシュを喫し、残り20分でレース最初で唯一のフルコースコーションに。

 ダイアーが6番手、ウィルキンスが7番手の状態でリスタートが切られ、フィニッシュまでは残り11分。

 ここで仕掛けたダイアーは、ドライバーチェンジを終えた2号車メルセデスAMG GT3にアウトから並びかけ、ターン1、ターン2を並走。

 続くターン3への進入でライアン・ディエールの前へ出ることに成功し、残り5分の時点で5番手にポジションアップを果たした。

「アウトサイドから仕掛けるのはいつだってリスキーだけど、ターン1、2の外側にはグリップするラインがあることを知っていた」とダイアー。

 そのままフィニッシュを迎えた43号車NSX GT3は今季最上位となる5位。93号車も7位に入り、ダブル・トップ10フィニッシュを決めた。

 続く土曜のレース2は、前日のレース1最速ラップに従ってグリッドが決められ、43号車は5番グリッド、93号車は12番グリッドと、それぞれ前日と変わらぬポジションからのレースに。

 スタートでは1コーナーで4ワイドのバトルが発生し、いきなりのフルコースコーションとなるなか、2台のNSX GT3はアクシデントをうまく回避し、3番手、9番手にポジションアップ。

 リスタート後はベントレー・コンチネンタルGT3などとのバトルを経て、43号車が5位、93号車が6位と、2戦連続のトップ10フィニッシュを達成。この週末で最もポイントを稼いだマニュファクチャラーとなった。

 PWCの次戦はRTRとホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)にとってホームコースとなるロード・アメリカ、エルクハートレイクが舞台。レースフォーマットは1台につき1ドライバーのGTスプリント・チャンピオンシップ形式に戻り、6月24~25日に開催される。




[オートスポーツweb ]