ここから本文です

南野所属ザルツブルクが史上初4年連続2冠を達成!…国内2大会で圧倒の4連覇

6/2(金) 5:32配信

SOCCER KING

 OFBカップ(オーストリア・カップ)決勝が6月1日に行われ、ラピード・ウィーンとFW南野拓実の所属するザルツブルクが対戦した。南野はベンチスタートとなった。

 今シーズンのオーストリア・ブンデスリーガで4連覇を達成したザルツブルク。カップ戦も4年連続の決勝進出を果たしており、オーストリア史上初の4年連続2冠に王手をかけている。

 試合は両チームとも決め手を欠いてスコアレスで折り返したが、後半の序盤に動いた。ザルツブルクは51分、味方のスルーパスでペナルティエリア右に抜け出したシュテファン・ライナーがグラウンダーのクロスを送ると、ファーに走り込んだフリーのファン・ヒチャンが合わせて先制に成功した。

 しかし5分後の56分、ウィーンの反撃が実る。右サイドのマリオ・パヴェリッチからのクロスに、中央のジョエリントンがヘディングシュートをゴール左隅に叩き込み、すぐさま同点に追い付いた。

 その後は膠着状態が続いたが、85分にザルツブルクが勝ち越しゴールを奪う。味方のミドルシュートがブロックされたこぼれ球に、エリア内左のヴァレンティーノ・ラザロが反応。反転しながら右足を振り抜き、シュートをゴール右隅に突き刺した。

 ザルツブルクはこのまま1点を守り切り、2-1の勝利。カップ戦4連覇を果たし、オーストリア史上初となる4年連続の2冠を達成した。なお、南野は出番なしで終了。今シーズンはリーグ戦11ゴール、カップ戦3ゴールで計14ゴールを記録した。

【スコア】
ラピード・ウィーン 1-2 ザルツブルク

【得点者】
0-1 51分 ファン・ヒチャン(ザルツブルク)
1-1 56分 ジョエリントン(ラピード・ウィーン)
1-2 85分 ヴァレンティーノ・ラザロ(ザルツブルク)

SOCCER KING

最終更新:6/2(金) 7:06
SOCCER KING