ここから本文です

DFピケ、大学生に? バカンスを利用し、ハーバード大学の講座を受講

6/2(金) 14:52配信

SOCCER KING

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケは、夏のバカンスを利用して、さらなるキャリアアップを図っているようだ。6月1日付のスペイン紙『エル・ペリオディコ』など、複数メディアが報じている。

 報道によると、ピケは5月27日に行われたアラベスとのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝を終えたあと、アメリカに飛んだという。その目的は、マサチューセッツ州にあるハーバード大学で5月31日から4日間にわたって行われている「エンターテインメント、メディア、スポーツにおける経営学」の講義に参加するため。受講料は9250ドル(約103万円)と決して安くはないが、修士号を取得できるという。

 受講者のなかには、NBAのポートランド・トレイルブレイザーズに所属するC.J.・マッカラムやラグビーのアイルランド代表ジェイミー・ヒースリップ、またアメリカの女優ケイティ・ホームズなど、複数の著名人がおり、ピケは新たな交友関係を築いている模様。ビデオゲーム会社『Kerad Games』を経営するなど、“実業家”としての顔を持つ同選手は、彼らとともに真面目に勉学に励んでいるようだ。

 なお、すべての講義が終了する6月3日には、レアル・マドリードとユヴェントスによるチャンピオンズリーグ(CL)決勝が開催される。しかし、ピケは事前に同試合を見られない可能性があるとコメントしていた。また、同日にはスペイン代表の合宿がスタートし、フレン・ロペテギ監督を始め、招集された選手たちが全員で試合を観戦する予定となっているが、ピケは遅れて合流するようだ。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:6/2(金) 14:52
SOCCER KING