ここから本文です

マラドーナ氏の伝説に“加担”…“神の手”見逃した副審が80歳で亡くなる

6/2(金) 17:36配信

ゲキサカ

 1986年メキシコW杯で元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が決めた“神の手”ゴールの際に副審を務めていたブルガリア人のボグダン・ドチェフさんが1日に亡くなった。80歳だった。

 世界一有名な誤審だが、5人抜きドリブルのゴールとともにマラドーナ氏の伝説を語る上で、欠かせない話題になっている。『BBC』によると、生前ドチェフさんは「マラドーナは素晴らしい選手だが小さい男だ。私の人生を台無しにしたのだからね」と恨み節を語っていたというが、ドチェフさんなくして、“神の手”ゴールが存在しなかったことも事実だ。

最終更新:6/2(金) 17:36
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1