ここから本文です

Concurの経費精算データをSAPのERPシステムに自動連携する「J-Model ConcurLink」

6/2(金) 7:45配信

CNET Japan

 JSOLは6月1日、コンカーが提供している「Concur Expense」の経費精算データを、SAPのERPシステムへ自動連携する「J-Model ConcurLink」の提供を、同日付で開始した。

  従来、SAPのERPシステムへ経費精算データを連携するためには、 Concurを導入した各社にて個別にデータ連携のための中間サーバーの構築や、 伝票転記の仕組みの構築が必要となっていた。このモジュールを導入することにより、Cocnurの経費精算データを直接SAPのERPシステムに連携することができるようになる。

 また処理プログラムに加え、 結果確認やエラーリカバリ対応が可能な管理画面、変換パラメーターがセットとなったモジュールであるため、SAP S/4HANAやSAP ERPに組み込むことで、 すぐに利用することができる。

 Concurの経費項目とSAPの伝票項目とのマッピングをマスターで管理しているため、仕訳パターンの変更にも柔軟に対応可能。転記エラーが発生した際に、エラー部分を直接修正して再転記が可能。ファイルの再取込を行う必要がないため、 伝票の重複転記を防止できるという。今後も連携機能の拡充を予定しているとのこと。

最終更新:6/2(金) 7:45
CNET Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ