ここから本文です

【K-1】ゴンナパーが王座奪取を宣言「僕の方が強い」

6/3(土) 19:44配信

イーファイト

 6月18日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場する、WPMF世界スーパー・ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム)が6月3日(土)都内で公開練習を行った。

【フォト】相手の身体をくの字にするゴンナパーの強烈な蹴り

 ゴンナパーはウェイ・ルイ(中国)が保持するK-1 WORLD GPライト級王座に挑戦する。

 2分1Rのミット打ちで得意のパンチ&ローキックを披露したゴンナパーは、「コンディションは非常にいい。当日は全力を出せると思います」と微笑む。

 ゴンナパーは2月の初代ライト級王座決定トーナメントで、卜部功也との接戦を制すも準決勝で平本蓮にKO負け。「前回はもったいないことをしました。ルールも少しやりづらかった。でも、今回はその課題を無くして臨みます。前回の試合を経験してヒジ打ちと首相撲の練習は無くしました」と、K-1に特化した練習をしていると明かした。

 変わったところは「基礎的なことに時間を割くようにしました。特にガードの練習に多くの時間を割いています。今までの試合の中でガードがよくないと思ったので、練習の時間を増やさないといけないと感じました」と、ディフェンスの練習を強化したという。

 王者ルイについては「頭を使う、IQの高い選手という印象」と評し、「強いタイ人が中国で試合をしているのを見たことがあるが、中国人選手には強い一撃が無いと思っている。今回は僕が勝つと思っています。なぜなら、僕の心の方が強いので」と勝利を確信しているゴンナパー。

「自分が得意なものを全部出します。ゲーオにもアドバイスをしてもらって練習しています。チャンスがあればどんどんKOを狙って行きます」とKO宣言も飛び出す。

 そして、「1日1試合なら誰にも負けない。ベルトが欲しいです。チャンスは多くないので全身全霊で戦って必ずベルトを獲りたいと思います」と、このチャンスを逃さないと語った。

最終更新:6/3(土) 19:44
イーファイト